セッション

見ました、素晴らしかったですね、本当に。

適当に思いついたことを書きなぐってます、つまりネタバレです、全部書いちゃったんでこれから観ようと考えてる人は読まないでください。

 

 

 

 

この映画はラスト9分が素晴らしいって言われてる映画なんですけど、そのラスト9分を作り上げるための残りの90分は素晴らしくないかと言われるとそうではなく、ドラムに命をかけるニーマンと教育に全てをかけるフレッチャーをきちんと深く描いていて素晴らしかったと思います、ニーマンとフレッチャー以外のキャラクターは舞台装置でしかないおかげでより2人に注目して見れて良いですよね。

 

ラスト9分の話ですけど、本当に良かったですね。

最初はオイオイまさか楽譜なしで叩いて終わりか?とか思ってたんですけどそんなことはなくて普通に挫折しちゃうんですよね、けどすぐにステージに戻ってフレッチャーが「次はスローな曲を…」なんていってる最中にめちゃくちゃアップテンポな「キャラバン」を叩き始めるんです、フレッチャーが脅してもやめず、結局バンドメンバー全員が演奏を始めちゃってフレッチャーも仕方なく指揮をする、まさしく「セッション」のタイトルにふさわしい始まり方で、仕方なく指揮をしてたフレッチャーも次第に演奏に夢中になって表情も明るくなって行くんです、J•K•シモンズさんの表情だけの演技すごいですね。

多分みんな好きなシーンを聞かれると、この後キャラバンの演奏が終わってもドラムを叩き続けるニーマンをフレッチャーが指揮者として支えるところを答えると思います、僕もそうです、あのシーン最高ですもん、あのシーンでニーマンはドラマーとしてフレッチャーは教育者として完成するんですよね。

 

あとはラストのドラムソロから合図でキャラバンラストに繋げるシーンのフレッチャー、口元が見えないように撮影されてる?と言うか編集されてるんですけど、それまで表情で演技してたところにあえてそう言うシーンを持ってくるところとか最高でした。ちなみにあのシーンは僕の中では最高の笑顔だと思ってます(表情を見たニーマンが笑顔になってたので)

 

この映画はキャラバンの演奏が終わってすぐエンドロールが始まるんですけど、それが本当に素晴らしくて、その後ニーマンがどうなったとか、フレッチャーがどうなったとかそう言うことはこの物語には関係なくてドラマーとして、教育者として、師弟として完成してそこで終わりなんですよね。

 

書きたいこと書いたんで終わります

波よ聞いてくれ

どうも

波よ聞いてくれ」4巻まで読みました。

 

 

全く注目してなかった漫画だったんですけど、最近4巻が発売した時にTLで話題になってたのと、無限の住人の作者ってことを知って、集めてる友達(マンガオタクが友達にいると強い)に借りて読みました

 

みんな知ってます?「波よ聞いてくれ

藻岩山ラジオ局で放送されてる鼓田ミナレの冠番組なんですけど、これがまあまあ〜面白くて、1回目の放送なんて25歳の女が50万程度の金で旦那を刺殺してしまったところから始まるんですよ、何言ってるか分からないでしょうけどこれがラジオなんです。

ラジオって俺の中では声優がオタクの手紙読んだり、放送作家が考えた企画を淡々とこなしていくだけのものだったんですけどこの漫画読んでからは印象がガラリと変わりました、ダメですねこの程度の視野しか持ってなくて。

 

で、漫画の話に戻るんですけどこの漫画の大好きなところに「手書き台詞」の多さがあるんですよね。

「手書き台詞」と言ったら「西森博之」っていう固定観念があったんですけど、これ本当に良くないですね、実際には西森博之の漫画しか知らないから手書き台詞の良さもそこで止まってしまってるんですよ。(俺の話です)

 

西森博之の作品もオススメです

Kindle版が1巻無料になってます)

 

で、俺は基本的に漫画は速読してる人なので「おっ、このコマは大事だな」って思うところ以外は台詞を淡々と読んで済ましちゃうんですよ。

ここで「手書き台詞」にはコマを見せる効果があるって気付いちゃったんですよね。

どのコマも手書き台詞無いかな〜とか思って全コマしっかりと見ちゃいます、ほんと、全部、全部見ちゃうんです、だってこの漫画の手書き台詞が面白いんですもん。

 

もちろんそれ以外にも好きなところは色々あって、ラジオ局と言う設定を上手く使った話の展開や、登場人物の流暢な喋りとか、流暢喋りね、これ何言ってるか分かんないと思いますけどマジで頭の中でセリフを読んだ時にめっちゃ流暢に喋ってくれるんですよ、キャラが。

帯に書いてあった『目で聴く漫画です』ってのには納得しちゃいますね。

 

そんなわけでこれ以上喋ったらおもろいところ全部話してしまいそうなのでここまでにしときます、みんな読んでください、と言うか1話はWebサイトで無料で読めるんで読んでください

 

と言うわけで!読んでくれた方はありがとう!是非単行本を購入してくれ!!

 

終わります

ハイエボリューション書き殴り

(※ネタバレを含む日記です)


19:40とかいうレイトショー割引20分前の開始時間やめろ。


とりあえず観てきました、内容を流れ的に書くとファーストサマーオブラブ→22話〜24話+19話の一部の再編集→ハイエボリューション2への繋ぎ→スタッフロール→次回予告


ファーストサマーオブラブを映像化してくれたのは嬉しかったんだけど、字幕が邪魔でしょうがなかったですね。


公式のキャラクター覧から分かるように、アドロック亡き後レントンは祖父アクセルではなくビームス夫妻に引き取られているので後半の再編集部分はテレビ版を見ていた方には違和感だらけだと思います。(PLAY BACKの黒幕ウザくない?)


あとセリフが変わってるせいでレントンのガキっぽさが5倍くらい増してる、26話に至る前のレントンはテレビ版でもイライラするのにそれの5倍です、5倍

それとセブンスウェル現象がアクペリエンス現象とか言うニルヴァーシュの暴走に置き換えられてるとこが気になった、これから何かあるんかね。


再編集は正直エウレカセブンのストーリーは知らないが、世界観や設定だけを知っている人の方が楽しめるかなって、俺はこの映画を観るために1週間かけてエウレカを50話見直したんですけど、ストーリーを振り返らないほうが絶対楽しめました。


次回予告のアイドル化したアネモネ+アゲハ隊のために俺はあと1年生きるんやなって、そう思います。


終わりです

マキュラの話

ほんま良い加減にしろよ

マキュラを2日で400体倒したわけなんですけど、まぁオベロンは落ちませんでした。

内訳はマグナ武器10、アニマ340くらい(マグナアニマをアニマ10で計算)でした

まずマグナフラグメントとかいうの、マキュラは確かに星晶獣なんだけどマグナじゃねえんだからマグナって付いてるアイテム出てくんなよ、マジで殺すぞ、んなもん金箱に入れてるんだったらアニマを確定で1個出るようにしとけ。

それとマグナ武器、なんでリヴァの武器がマキュラから落ちるんだよ、バグだろうが殺すぞ

あとツイッターの方に
なんてことを書いたんですけど、これ運が良くないし理想編成完成してない人にもマウント取られたんであんま意味なかったです。

どうやらこのオベロンとか言うの、無心でマキュラをやっていれば2ヶ月で3凸が1本完成するらしいです(種の消費量考えろ)

俺にはこのマキュラとか言うのを無心で2ヶ月殴るのは無理です、半額期間までお休みします、お疲れ様でした。

終わりです

コミケ3日目

4:31くらいに列に並んでおこたんぺこの新刊を必ず手に入れる気でいた、7:30くらいにおしっこしたくなって小の列に並ぼうとしたら大手サークル並みに並んでてアホかと思ったので大の方に並ぶことに(アホしかおらんから小だけが無限に混んでた)30分くらいでトイレにたどり着いたのでまぁ1時間30分待ちの小の列に並ぶよりはマシだと思います(いつも思うけど仮設トイレで大するオタクって次使う人のこと考えましょうとか教わらんかったのかな?毎回汚い)(というか腹痛いならコミケくんなやカス)

10時になって開場、ツイッターで情報見てたら東7に存在するはずのサークルなのに列が東456まできててしかも折り返してるって書いてて真顔になりました、ダッシュで東456に向かったらまぁ〜ヤバイことになってたのと、おこたんぺこの最後尾見つからんかったから適当に歩きながら列探してたらそれっぽいの見つけたんですけど、ちょうどコミケスタッフが列を整理してるところだったみたいで俺を列に入れてくれた(コミケスタッフ、大丈夫か?疲れてないか?)まぁ列に入った時は「は?ここどこやねん、何してくれますの?」って感じだったんですけど隣のオタクのサークルチェック表のおこたんぺこに「1」って書いてあるのと、そのオタクが何も持ってないことから(ここ、おこたんぺこの列や・・・)ってなって知らん顔して並びました(あと文句言われないように周り睨み付けときました)あとから気づいたんですけど並んでた列はサークルチケットとかいうの使って並んでたオタクの列だったみたいです、そりゃ11時30分頃には買えますわな。

まぁそんなこんなあって早めにどころか完売間近のタペストリーまで買えたんでウキウキしながらいのうえ空先生のサークルへ、新刊既刊(夏コミに行けなかったので夏コミのやつ)買って東456に向かうことにして出口に向かったらオタクにもみくちゃにされました、東7の列形成してたスタッフと移動してるオタクを整理出来なかったスタッフは自害してください、マジで。

東456に着いて最初にしたことが知ってるサークルの新刊セット買って持ってる同人誌をそこにまとめようってことでした、壁に荒草まほん先生のところがあったので新刊セット買って荷物をまとめてエロ本漁りに、適当に歩きながらエロそうなの買って行ったらジャンルが完全に偏りました、最悪です(途中で塚原響本を見つけた時は古文書を見つけた人みたいになってました)

そういえば「ぽよよんろっく」とか「はらたけ」とか「村田蓮爾」とかのスペースに行くの忘れてたのといのうえ空先生にサインもらいに行くの断念したことだけは心残りです、けど東7には一生行きたくありません。次やる時はちゃんと対策しててくださいほんま、大手サークルとか有名作家詰め込んだらこうなるんやからな、勉強しろよほんま。

まぁ色々ありましたけどフォロワーとも会えたりしてめちゃくちゃ良かったですね、会ってくれた人はほんまありがとうございました。

終わりです

12/30

7時に起きて仕事行って18:30に退勤して友達がニトリ行きたい言いよるからニトリ行って今年最後の打ち納めにパチ屋にも行ってきた(3400円負けました)(友達は2万勝ちました)


コミケに一緒に行く友達が突然行けんわwってことだったので1人でカラオケに、時間潰して飯食ってたらしゅへくんが走れ!ってことなので走らずにタクシー使って国際展示場行こうとしたら「すみません、そっちは行けません」って言われてブチ切れ、歩いて国際展示場に向かいました(しゅへくんゴメン)


とりあえず現地についてしゅへくんとベローチェとかいうなんかオタクには似つかわしく無いカッフェとか言うのに来てます


終わりです

コミケ1日目

友達と3時までカラオケで時間潰して4:20くらいに現地に到着、列に4:31に並ぶ。


8:45まで暇だったので友達に荷物を任せて時間まで眠ることに(冬の寒空の下で寝るのはマジでやばいので真似しないでください)

途中トイレに行きたくなってトイレの列に並んでたらスタッフに騙されて汚い仮設トイレに案内されたのはマジでブチ切れてる。


9時くらいから列移動で西3・4ホール待機に、この時間には太陽上がっててめちゃくちゃ暖かかった(めちゃくちゃ太陽に感謝した)


開場から速攻フロントウイングに走って列に並ぶ、会計近くになったあたりで福袋残りわずかってことを言われて焦ってたけど無事福袋と買う予定無かったグッズセットを購入出来ました。(なんか俺の前に小さいオタクいたから追い越しておいた)


フロントウイング終わってグッスマ並んでトリガーちゃんイラスト本とキルラキル生動画パッケージを購入、隣の5pb.がめちゃくちゃ空いてたのでドラマCDとカオスチャイルドの設定資料集を購入、家に帰って確認したらトリガーちゃんとキルラキル生動画パッケージは売り切れてたので完璧なムーブでしたね。

カオスチャイルドの設定資料集みたいなのはめちゃくちゃ良い感じのやつなんですけど1冊1000円でこれもしかして大手サークルの新刊か?って思いました。


友達もいたので企業終わってから東ホールへ、エロ本を漁るために一旦解散して東ホール物色してましたけど艦これのエロ本はあまり僕好みのイラストのものが無かったです・・・


14時に現地から撤退して15時に帰宅、りんかい線はこの時間も割と混んでたので3日目はもっと早く帰りたいですけど並ぶところ多いので無理そうですね

2日目は残念ながら今年最後の出勤なので不参加になります(というかあんな所に2日連続で行きたくない)


終わりです